アトピーが改善していくときの順序①

自己紹介のページにも書きましたが、
私は幼少の頃からアトピーで悩んできました。
アトピーは生死をさまようような病気ではないのですが、
意図的に生きる意欲が損なわれてしまいます。
ですから現在、アトピーで苦しんでいる方は
症状が改善するだけで、大きな力が湧いてきますし、
どんな状況にも対処できるような自信ができます。
これを体感してほしいと思っています。
どんなことでも、目標達成までの道のりが明確だと安心ですが、
今自分が前に進んでいるのか、後ろに進んでいるのかすら
わからないという状態では、不安になって当たり前です。
アトピーやアレルギーの体質改善にも
同じことが言えると常々感じていました。
本当は前に進んでいるのに、後ろに進んでいると勘違いして、
取り組みをやめて自己流になってしまったりすることは
多くの方の短期間で成果を得る妨げになっていると思います。
ですから、アトピーが改善するときの順序について、
整理しておきたいと思います。
最初に起きる現象として、
『吹き出し現象』『好転反応』があります。
これは良い内容の食事を変えたり、生活習慣を変えたり、
ファスティングを行うと、表れる症状の悪化です。
ステロイド剤の使用をやめただけで、
症状が悪化してしまう方も多いかもしれませんが。
体はどんな劣悪な環境下でも、なんとかバランスをとって
生命活動を維持しようとします。
それが生活を変えることで、バランスに変化を生じさせていますから、
症状としては悪化するのでしょう。
このことを理解するときに、いつも
底に泥の溜まったコップの水をイメージします。
ファスティングや食事・生活の改善は
一度その水をかき混ぜているようなものです。
6d282b5d72a7ca15f2fdb6fe47e52656_s
泥が有害物質だとすると、かきまぜないままのコップを
傾けただけでは水しか出ていきませんね。
有害物質を外に出すには、まずはかき混ぜて、
コップの上部まで泥をもってくる必要があります。
そうすれば、やっと泥を外に出すことができます。
そう考えると、体に溜め込んだ物質を
デトックスしているという考えが
理解しやすくなると思います。
そもそも、アトピーやアレルギーの方は
有害な物質が体の中に入ってきたときに、
普通の方なら解毒処理できてしまうものが、
処理できずに、皮膚からや喉、鼻などから
出そうとSOSを発信している状態にあります。
ファスティングをすると、
アトピーやアレルギーの方は症状というカタチで、
表れることがあります。
そうでない方でも、頭痛や吐き気、だるさなど、
肌やぜんそくの症状とはちがうカタチで
表れることもよくよくあることです。
もちろん、ファスティング講座やカウンセリングでも、しっかりお伝えしていますよ。
■現在募集中のイベント
心とカラダをデトックス!ファスティング講座
12月15日(木)10時半〜12時半 東京・丸の内
参加費:2,000円 残席4席
詳しくはこちらから
お申し込みはこちらから
広告

アトピーが改善していくときの順序①” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中