「お弁当、温めますか?」にちょっと待った!

毎月コラムを書かせてもらっている
自動車業界団体「ロータスクラブ」様の会報誌「ロータスニュース」の最新号が届きました。

今後は『「お弁当、温めますか?」にちょっと待った!』
というタイトルで、電磁波の影響について取り上げました。
電磁波の影響は、電子レンジだけではなく、スマホや電気毛布、Wi-Fiなど生活に密着したところにもあります。

私も電子レンジはほとんど使わなくなってしまいました。ただの箱状態なので、食品を乾燥させるディハイドレイターに交換しようかと考えています。
あまりデリケートになりすぎると、それだけで神経をすり減らしてしまいますので、少しずつがよいかなと思います。
そして、毎月旬の食材としてご紹介している欄では
「独活」を紹介させていただきました。
地味な春野菜ですが、年に一度だけでも、
この季節には味わっておきたいですよね。

 

広告

未来の子どもと地球を守るために 制作実績『natural × funeral』様

人生の最期も人と自然にやさしくて、
しかも次世代に贈り物を残して旅立てる
お葬儀パッケージ『natural × funeral』様の
リーフレット及び展示会用のパネル制作の
お手伝いをさせていただきました。
img_7533 img_7534 img_7532
img_7595
img_7596
img_7597
img_7598
一般的な棺のほとんどが違法伐採された木が
使われているそうですが、
このパッケージでは、エコフィンという国産の間伐材と
燃えやすい強度のある紙でできている棺を利用できたり、
オーガニック野菜を使ったお料理を参列者にお出ししたり、
香典返しのギフトもそうしたオーガニック、ナチュラルなもの
から選ぶことができます。
もちろん海への散骨も可能です。
そして、ご葬儀ごとにモンゴルに植樹をしたり、
費用の一部が「森里海と子どもたちの未来を守る基金」に
寄付され、自然環境保護やエディブル教育、貧困世代の子どもたちの
住環境改善に使われます。

img_7536

上はパネルが使われた2016年11月の
オーガニックライフスタイルエキスポにて。
代表の坂本さん(左から二番目)は元有機野菜宅配最大手に
お勤めでいらっしゃり、とても使命感に溢れた方です。
この『natural × funeral』というパッケージ。
来年3月から全国にある葬儀会場で利用できるようになるそうです。
先日、子役本田望結ちゃんの日常を追いかけるテレビ番組を
見たことがきっかけで、私も心新たになりました。
『未来の子どもと地球を守る』
大それていて、大胆で、お前に何ができる?と言われそうで、
偽善じゃないのと疑われそうで、
この意図は隠して活動してきましたが、
もうどんどん言っちゃおう!と吹っ切れました。
img_7848
そんな意図に合ったお仕事をさせていただくことができ、
とても幸せです。
——————————————————-
◾︎関連記事
制作・企画実績
◾︎募集中のイベント
「心とカラダをデトックス ファスティング講座」
12月15日(木)10時半〜12時半@東京丸の内
参加費2,000円  残り4席
詳しくはこちらから
お申し込みはこちらから
——————————————————-

日本古来の「スーパーフード」再発見!

隔月で“いつもイキイキ*カラダがよろこむ健康コラム”という
コラムを書かせてもらっております
全日本自動車部品卸商協同組合様の発行する
『オートモーティブプライムニュース』11月号が発行されています。

img_7841第3回目となる今号は
「日本古来のスーパーフード再発見!」というテーマで
記事を書かせていたたきました。
img_7842巷では、すっかりスーパーフードがブームになっていますね。
少量で栄養価が高く、カロリーは低いとなれば、
注目されてしかるべし。
私もチアシードやアサイーローカカオ、キヌアなど、
すでに生活の一部になっているスーパーフードも多く、
私もブームに乗っかっている一人であります^ – ^!
ただ、いつもちょっとだけ疑問に思っていました。
チアシードはアンデス、アサイーはアマゾン川流域、キヌアもコロンビアからアルゼンチンにかけてのアンデス地方が産地。
わざわざ地球の裏側から持ってくるって大変じゃない?と。
そんなことから発想を得て、日本にも古来から伝わるスーパーフードに
注目していただきたく、この記事を書きました。
日本古来から伝わるスーパーフードとは…
雑穀!
以前、自然農法を手がける稲作農家さんから聞いた話ですが、
稲を育てる上で、苗が小さいうちは、
丁寧に雑草を取り除いてやらないと、苗が育たないんだそう。
しかも、稲に似た形で見分けるのが難しく、抜いても抜いても生えてくる
にっくき雑草が、あわやきび、ひえなどの雑穀だというのです!
↑は自然農法の農家さんの話なので、
慣行農法の農家さんの場合は
除草剤を撒いて一気に解決なのかもしれませんが。
しかし、よくよく考えてみると、抜いても抜いても生えてくる雑穀の方が、
コメよりも生命力が強いと思いませんか。
そんなパワフルで簡単にできる雑穀なのに、
なぜあまり流通していないのでしょうか。
その背景には脱穀や流通の問題があります。
そこらへんの裏話や雑穀の料理法のポイントなども書かせていただきました。
雑穀の調理方法について詳しくお知りになりたい方は
つぶつぶ料理主催の大谷ゆみこさんの
こちらのレシピ本がおすすめです。
ファスティング講座やカウンセリングでも、雑穀の流通裏話や雑穀の炊き方、食べ方についてぜひ直接質問してくださいね。
——————————————————-
◾︎関連記事
脳が冴え、仕事がはかどる油の摂り方
◾︎募集中のイベント
「心とカラダをデトックス ファスティング講座」
12月15日(木)10時半〜12時半@東京丸の内
参加費2000円  残り4席
詳しくはこちらから
お申し込みはこちらから
——————————————————-

脳が冴え仕事がはかどる油の摂り方

毎月コラムを書かせてもらっている
自動車業界団体「ロータスクラブ」様
会報誌『ロータスニュース』11月号が発行されています。
img_7384
今号では、「脳が冴え、仕事がはかどる油の摂り方」
というテーマで、記事を書かせていたたきました。
img_7386
これについては、私の講座に参加したことがある方なら、
耳にタコができるくらいに何度も聞いて
いらっしゃるかと思いますが、
ここでもしつこく書いています。
だって、それくらい重要なんだもん。
ブログ読者のみなさんには、もうズバリ
結論から言ってしまうと、
●絶対には摂らない・・・トランス脂肪酸(ショートニング、マーガリン)
●極力摂らない・・・飽和脂肪酸(肉、乳製品の油、ココナツ油)、不飽和脂肪酸のうちオメガ6(サラダ油)
●積極的にとる・・・不飽和脂肪酸のうちオメガ3(青背の魚の油、亜麻仁油など)
この3点に尽きます。
マーガリンなんか、さすがに食べてないですよ〜という方も、
市販のパン、菓子、ドレッシング、揚げ物など本当に様々な食品に
トランス脂肪酸は含まれていますから、
気をつけてほしいと思います。
今の日本で、厳密に除くことは難しいと思われるかもしれませんが、
実はそんなことはありません。
実践し続けるには、結論だけでなく、
なぜこの3点が重要なのかを知ってほしいと思います。
油の摂り方について詳しくお知りになりたい方は
杏林予防医学研究所の山田豊文先生の
こちらの本が大変参考になりますので、
読んでみてください。
『病気がいやなら油を変えなさい』
病気がイヤなら「油」を変えなさい!―危ない“トランス脂肪”だらけの食の改善法
山田 豊文
河出書房新社
売り上げランキング: 8,792
もちろん、ファスティング講座やカウンセリングでも、しっかりお伝えしていますよ。
——-現在募集中のイベント——-
●心とカラダをデトックス!ファスティング講座
12月15日(木)10時半〜12時半
詳細はこちらから
https://biotifullife.wordpress.com/2016/12/03/1215(木)心とカラダをデトックス!ファスティン/
お申し込みはこちらから
https://ssl.form-mailer.jp/fms/8cc5378c433662